もみじの家 開設記念寄付贈呈(SI東京-麻布)

 2016年4月、世田谷区内にある国立成育医療研究センター内にオープンした「重い病気を持つ子どもと家族のための家、もみじの家」を支援させていただくこととなりました。
 もみじの家は重い病気を抱えて在宅医療ケアを受けている子どもと家族が、穏やかなひとときを過ごすことのできる日本初の医療型短期入所施設です。
 医療の進歩により助かるいのちが増えた一方で、医療的ケアを必要とする子どもの数は増えています。
 子どもは家庭とは違う環境で医療を受けながら過ごすことができて、家族はくつろぎや休息のひとときの時間を持つことができる施設です。
 家のベットの上で孤立しがちが子どもと、介護に追われる母親にとって、自宅以外の場所で医療を受けながら過ごせる場所はほとんどありませんでした。

azabu1

ハウスマネージャー内多様と英国赤十字喜谷様と会員 もみじの家にて

 

azabu2

成育医療研究センター五十嵐理事長様と会員

 

女性と女児の活動