ゴールドコンサートで花束を贈呈(SI川崎)

 10月12日、今年11回目を迎えた障がい者のためのゴールドコンサートにSI会員11名が登壇して花束を贈呈しました。設立当初の頃から支援してきた会員は、千人近くにもなった観客や、コンサートを支える仕事はすべて障がい者でまかなっていること、そしてポップス、クラシック、コンピューター・ミュージック、ヒップホップなど、多岐にわたる参加曲や参加者の多様性に、感動をあらたにしていました。
 久しぶりに会場で見た会員は、コンサートの流れがスムーズになってきたことにびっくりしていました。来年のゴールドコンサートは、全国4都市で地方予選会を行い、より広域の障がいを持つミュージシャンに舞台に上がるチャンスを与える予定だそうです。
 このコンサートは、私達会員に人間の強さに限りなく信頼を抱かせてくれ、支援活動の意欲を高めてくれるよい機会なのです。

※ゴールドコンサートとは・・・障がいをもつミュージシャンが切磋琢磨する場を作り、ブレークできるような人材発掘を目指す、障がい者による障がい者のためのコンサートです。本選は毎年10月に東京国際フォーラムCで開催されています。

Kawasaki

撮影者・川津貴信

 

一般的知名度