チャリテイー観劇会ミュージカル「コメディナイト」(SI東京ー桜)

 3月13日(月)新橋演舞場に於いて、春のチャリティー観劇会を催しました。
 トニー賞6部門獲得のブロードウェイ上演傑作を宮本亜門氏が江戸庶民のミュージカル劇に演出し、主役はミュージカル初めてという片岡愛之助(以下敬称略)が務めました。
 上手側に屋台を組み、曲目の「めくり」、生バンドを置き、プロセニアムを芝居小屋風にして劇中劇に模したり、或いはセットの家がアコーデオン如く場面展開して見せるなど、随所に宮本ワールドの面白さが感じられました。
 脇を固める高橋ジョージ、ダイヤモンドユカイ、ルー大柴、松田美由紀らが、色彩鮮やかな衣装で超ドタバタ抱腹絶倒、踊り歌い、飽きさせない楽しいミュージカルでした。
 入り口横にて、折詰弁当とお茶、お土産として「慈愛寮」お手製の可愛い手編み洗いたわしに、「国際女性デー」PRパンフレットとティッシュを添えてお渡しし、お客様をお迎えしました。
 慈愛寮は、様々な事情で困難な状況にある妊婦さんや乳幼児が安心して利用できる保護施設で、東京―桜は、長年これをサポートしています。

DSC_0060

揃って笑顔でお迎え

 

DSC_0100

お土産は「国際女性デー」のポケットティッシュと可愛いタワシ

一般的知名度資金調達