フレンドシップ・パーティを開催して(SI新潟)

 4月3日(日)SI新潟クラブフレンドシップ・パーティを開催しました。
 地域の方々を招待しソロプチミストについて広く知っていただき、会員増強に繋げるフレンドシップ・パーティですが、今回で2度目の開催になります。
 今回は新潟市郊外にあるカーブドッチワイナリーというリゾート施設で行われていたG7サミットのイベント会場での開催となりました。パーティに先立ち、大勢の市民で賑わう野外で「国際女性デー」のキャンペーンとして会員・ご招待者・リジョン役員みんなで、チラシや風船配りをしました。
 引き続きレストランに場所を移し、フレンドシップ・パーティの開催となりました。まず庄司ガバナー、石本ディレクターからソロプチミスト活動全般のお話をいただき、その後スライドを見ながら私たちクラブの具体的な活動を紹介しました。お茶とケーキのティータイム、ご紹介者も参加しての全員ゲームなど、終始温かく和やかな雰囲気で会は進みました。特に、昨年のパーティがきっかけで入会した二人の新会員からの体験談は、ご招待者にとって身近で大変参考になったと思います。
 全体として、「真面目で規律を守りながらもお互いの個性を認め合う大人の集まり」という新潟クラブらしさが良く出ていた会となりました。
 会員のみで進めた手作り感満載のフレンドシップ・パーティでしたが、9名のご招待者にはソロプチミストの活動を知っていただく良い機会になりましたし、その内1名がその場で入会をお約束くださいましたことは大きな成果となりました。

庄司ガバナーからのお話に質問する会員

 

メンバーシップ