卓話を行いました(SI利根ぬまた)

 SI利根ぬまたでは11月16日例会前に卓話を行いました。女性と女児の為に活動している特定非営利活動法人「結の家」代表の尾崎多美子氏をお迎えし、利根沼田のDV被害者の現状や子供の貧困等について1時間ほどお話いただきました。尾崎氏は埼玉県でDV被害者支援や、家裁の調停員をしてこられ、平成22年にご主人の実家がある沼田市に転居。活動拠点を利根沼田に移し、その後介護保険調査員や家族相談士の資格を取得。県よりNPO法人設営の依頼を受けて「結の家」を立ち上げ、被害者に対するカウンセリングや支援、家族問題に対する講座やワークショップ、DV防止のための講座などを中心に取り組んで来られました。利根沼田は地域柄、実情を耳にすることが殆ど無く、今回の卓話をお聞きして現状を把握することができ、今後の活動の参考にすることができました。

%e7%86%b1%e5%bf%83%e3%81%ab%e8%aa%9e%e3%82%8b%e5%b0%be%e5%b4%8e%e6%b0%8f

熱心に語る尾崎氏

 

%e5%8d%93%e8%a9%b1%e3%81%ab%e8%81%9e%e3%81%8d%e5%85%a5%e3%82%8b%e4%bc%9a%e5%93%a1

卓話に聞き入る会員

女性と女児の活動