栃木県立栃木特別支援学校との交流授業(SI栃木)

 SI栃木は、10月24日(水)10時より毎年秋に実施している栃木県立栃木特別支援学校高等部との交流授業を行いました。交流に先立ち校長先生と懇談、支援金をお渡ししました。また11月に行われる学園祭しらさき祭の中で行われるバザー(売り上げは生徒のために使われます)に拠出品をお持ちしました。
 校長先生は交流授業について「いずれ生徒たちは学校を離れます。こうして外部の方と接することで得ることはとても大きいので大変ありがたい」と話されました。
 交流は高等部の生徒が5グループになっており参加した会員11名が1グループ2名ずつ入り行われました。
 内容は調理実習、昨年度と同じものです。おいしかったので今年度もマフィンにしたいと生徒から要望があったそうです。卒業後の進路のことや修学旅行の話などをしながら楽しく交流しました。
 “また来てください“ の声に送られて学校を後にしました。

助成金をお渡しして

支援金をお渡しして

 

マフィンいろいろ

マフィンいろいろ

一般的知名度女性と女児の活動