青少年育成ファンド贈呈式(SI東京-東)

 2016年7月16日、ホテルニューオータニ「アリエス」において、青少年育成ファンド贈呈式を執り行いました。
 青少年育成ファンドとは「顔の見える支援」を目指し、SI東京-東が給付している返還義務のない教育支援制度です。第一期生は東日本大震災の被災地から高い志を持って首都圏の高等教育機関に進学した女子学生を支援の対象としています。
 大学4年生になった給付対象学生は、来春の卒業と理学療法士の国家資格取得を目指し、実習と勉強に忙しい日々を送っているそうです。上京直後の3年前が記憶にある私たちにとっては、彼女が落ち着いて堂々とした「大人の女性」に立派に成長したことが感慨深く、また誇らしく思えました。来春の卒業報告を会員一同楽しみにしています。
 「顔の見える支援」は、その準備に大変な労力と時間を要します。しかし、間もなく準備が始まる第二期青少年育成ファンドに関しても、充実した支援ができるよう、担当者のみならずクラブ一丸となり最善を尽くしたいと思います。

20160805180158839_0002

吉住会長より目録贈呈

 

20160805180158839_0001

青少年育成ファンド委員と一緒に

女性と女児の活動災害支援