バディウォーク東京2016に参加しました(SI東京―麻布)

 2016年11月13日(日)、「バディウォーク東京2016」が渋谷で開催され、当クラブもボランティアとして参加いたしました。
 「バディウォークR」はダウン症のある人と一緒に歩く、世界的なチャリティーウォーキングイベントです。全米ダウン症協会がダウン症への理解と受容(acceptance)、社会的な平等(inclusion)を促進することを目的に1995年に始め、世界各地に広がりました。日本では2012年に初めて開催、様々な地域でその輪を広げています。この日の主催は、当クラブの奉仕先の一つでもある「NPO法人アクセプションズ」。当日は赤ちゃんからご年配の方まで約600人が参加。メイン会場の宮下公園を出発し、約1.1キロの公道を道行く人に手を振りながら笑顔でパレードいたしました。
 宮下公園の中ではダウン症のある方たちによる素晴らしいドラム演奏やダンスのステージ、公式テーマソングに合わせて踊る時間もあり、今回のイベントテーマでもある「Smile together! Move together!」が公園中に溢れていました。
 「周囲の偏見を恐れて閉じこもるのではなく、積極的に発信しよう」と始められたこの活動。会員にとっては、その目的に共感し実際に参加することによって、笑顔も共有することができた貴重な一時となりました。
※バディーウォークRはアメリカ合衆国およびその他の国における全米ダウン症協会(National Down Syndrome Society)の登録商標です。

azabu1

笑顔で歩くパレードの様子 (写真:バディウォーク東京2016 Facebookページより)

 

azabu2

緑のボランティアTシャツを着た会員と子どもたち

女性と女児の活動